2022年09月28日

SuperZ 2x2x2+Skewb1:回転記号

無事に父母の元から帰ってきました。高速バスは車内は満席、待合所も激混みでしたね。以前と同様にみなさんが気軽に移動するようになってきたのを感じました。

バスの出発を待つ間、激混みの待合所に長時間いたくなかったので、屋外で SuperZ 2x2x2+Skewb の解法を考えながら廻していたのですが、気がついたら 4,5人の少年がスケボーを周囲で楽しんでいました。もし目撃された方がおられたら、かなり奇異に感じられたことでしょう。どちらも、互いに気にし合う余裕もないまま、それぞれ楽しんでいた感じですね。

SuperZ_turn222.JPG SuperZ_turnSkewb.JPG

無事に完成しました。
SuperZ_solved.JPG

白のビニールテープに番号を書いて貼ってあります。どこがどう移動するかの確認用ですが、もう移動は把握できたので、これからは剥がれていくに任せていくと思います。

シリコンスプレーを充分に塗布し、そこそこ自然研磨も進み、自分自身でも廻し慣れてきたので、大きく崩壊することはなくなりました。面の三角板が一つ外れることがたまにある程度です。とはいえ、ひっかかって全然廻せないことも頻発し、なんとか形を整えて、数度廻そうと試みてようやく廻ってくれる、ということが良くあります。

解法としては、Superantoniovivaldi さん および PeteTheGeek196 さん の、2x2x2 移動で位置を合わせて、スキューブ回転で隅と三角板を合わせ、位置を戻して、と繰り返していく方法が王道かもしれませんが、私にはどうも合いませんでした。
この SuperZ が発売された頃、このサイトの David Gear の紹介ページのアクセスが見られました。当時は首を傾げたものですが、考えてみれば、面の中央に四分割された小片があり、隅は 120°づつ回転する点で、とても共通点がありますね。私も、このパズルを David Gear と同様に、まず 2x2x2 として軽く合わせて、隅向きを確認してスキューブ回転で合わせ、改めて 2x2x2 部分を完成させています。

隅向き・隅位置を変えず、面内の二等辺三角形だけを合わせていく手順は、二阶斜转魔方还原教程 の手順を参考にさせていただきました。RUBIKworld (スペイン語)の解き方も似ているのですが、何か手数が多めでした。

言ってしまえば、それだけで解けてしまうので、回転の引っかかりを除いたら David Gear よりよっぽど簡単に解けてしまいます。あ、一つ一つの手順もこちらの方が長めですね。ストレスは多めで楽しみは少なめ、と言ったら、このパズルがちょっと可哀想かもしれませんが、やはり David Gear は名作だと思います。残念ながら David Gear は現在、tribox でも TheCubicle でも品切れですが、HKNowStore と Meffert Puzzle ではまだ購入が可能なので、興味がある方はぜひご検討ください。

って、今回は SuperZ 2x2x2 Skewb の紹介でした。こちらも現在は tribox では品切れですが、TheCubicle, HKNowStoreZiiCube などの海外サイトではまだまだ問題なく購入できるので、興味がある方はぜひお早めにお買い求めください。

回転記号については、2x2x2 については普通の J式の記号、島内 剛一先生の S式に由来する
SuperZ_noteFace.jpg
を流用します。East, North, West, South, Top, Bottom に由来します。WCA表記で言えば、e→R, n→B, w→L, s→F, t→U, b→D、となりますが(以下、WCA表記をカッコ内または / のあとに表記したりします)、このパズルでは w (L) と b (D) は廻しません。回転記号は小文字、同じ文字で示される面は大文字で示すことにします。奥(N)面の回転記号は、それを正面から見たときに時計方向になる向きを n とします。

スキューブ回転は、J式の記号 は 2x2x2 と重複してしまうので、Clover Cube Plus の記号を流用しました。
SuperZ_noteCorner.jpg
その理由として、右上前隅を Corner の C として廻している海外動画サイトを見たからです。前面を y- (水平反時計)持ち替えして、

d: ad dextram ラテン語で”右へ”
c: ad sinistram ラテン語で”左へ”の、si〜より(s は south で、前面回転記号なので)
p: pod 脚(tripod で三脚など)
q: 上面が左→右で c→d なので脚部も左右で対の記号で

と、うまく Clover Cube Plus と整合性を持たせることができました。

右側四隅にしか記号を付けていませんが、それはこちら側しか廻さないからです。それ以上手を広げると大変すぎますね。

時計廻しはその記号をそのまま示し、反時計廻しには "-" を添えます。本来は右肩付きですが、このブログサイトでは肩付きの書式設定ができないので、そのまま並べています。面回転のみ、180°回転に "2" を添えることがあります。

面と隅の回転記号を合わせて示すと
SuperZ_notation.jpg

うわっ、全然分かりませんね。今後は、それぞれ分けた図を用いることにします。

解法についてはまた次回に。

posted by じゅうべい at 10:17| Comment(0) | 立方体と曲線

2022年08月08日

SuperZ 2x2x2 Skewb、買っちゃいました

…9/28 の記事で上書きしてしまったようです。思い出せる範囲で再構築してみます。

SuperZ 2x2x2+Skewb を購入したのが 8/4 でした。tribox で最後の一つだったので、つい。TheCubicle, HKNowStoreZiiCube などの海外サイトではまだまだ問題なく購入できるので、興味がある方はぜひお早めにお買い求めください。回転制限のある WonderZ やズラした位置からでないと回転させられない GhostZ には、私の現状ではとても手は出せません。

ちょっとおしゃれの紙製の箱の中に
SuperZ_inBox.JPG

透明のプラスチックケースがあり、その中に鎮座していました。
SuperZ_Set.JPG
サイズがぴったりで、プラスチックケースからはやや取り出しにくいのが残念です。

で、「こんなの届いたよ」と妻に見せたら「わーい」と廻され、あっさりスクランブルされました。直せません。

商品説明には約 60 mm とありましたが、ものさしで測ってみたら 59 mm、QiYi MoFange Skewb(56 mm)と並べると
SuperZwSkewb.JPG
ちょっと大きめです。

2x2x2回転
SuperZ_turn222.JPG

スキューブ回転
SuperZ_turnSkewb.JPG

の両方ができることは商品説明通りです。辺を稜として廻すヘリコプター回転はできません。いえ、実際、分割線の入り方はヘリコプターキューブと完全に一緒なので、ズラされていなかったら見分けることはできません。

妻が最初に廻した時点でひっかかってバラバラに。コアまでいってしまいました。作りはシンプルで、填め直すのも簡単でしたが、廻しにくいのはこの手のパズルとして弱点ですね。

解法動画としては、Superantoniovivaldi さん および PeteTheGeek196 さん のものが見やすそうです。MrUK さん もよく検索で引っかかりますが、ポーランド語でした。RUBIKworld はスペイン語ですが、スキューブ回転を多用する点で他の解法とは違っているようです。ベトナム語の動画もありました。現在の最速記録はロシア語の動画の 3:33.75 のようですね。中国の動画サイト、BiliBili では 二阶斜转魔方还原教程 も見つかりました。

動画ではなく、図と記号で解説してくれているものとしては、二阶斜转魔方还原教程 を見つけました。上記の BiliBili 動画と同じ名称ですが、おそらく関係は無さそうです。私は動画を見るのが苦手なので(目が付いていきません)、こちらの方がありがたいですね。

現在、やや入手困難なのが残念ですが、世界で楽しまれているようなので、私も楽しみたいと思います。

posted by じゅうべい at 12:57| Comment(0) | 立方体と曲線

2022年03月25日

Rex Cube6:試し解き

京都キューブオフ会についての望月シンジさんのブログ、様子が伝わってきて楽しかったです。鬼滅キューブについても書いていただき、ありがとうございました。

3x3x3 がみなさん速いのはもちろんなのでしょうけど、4x4x4 で 40秒切りがゴロゴロ出ていて、30秒切りの方までおられたのには驚きました。ピラミンクスも 6秒切りが三人もおられて、そのレベルの高さに戦慄を覚えました。

「若い子は相武紗季を知らない」というのも面白かったです。プロ野球で言えば、落合博満はもちろん、イチローすら分かってもらえないかもしれません。…私はたまにスタルヒンとか沢村栄治とかを話題に出すので(相撲なら雷電とか)、「いつの時代の人?」と訊かれてしまうこともしばしばです。

さて、Rex Cube、中国語で八軸魔星、
RexCube1.JPG RexCube2.JPG
試しに解いてみましょう。

J式回転記号を再掲します。反時計廻しには "-" を添えます。
RexCube_notation.jpgRexCube_notationMiddle'.jpgRexCube_Edges.jpgRexCube_Centers.jpgRexCube_Leaves.jpg
部位の名称(右三つ)は、左から順に、辺 (Edges)、中 (Centers)、葉 (Leaves)、とします。

スクランブルは cs-timer の Redi Cube の old を使っています。

L' R r' B L' F' f B' L' F' B R' B l' F b B' b R' L
RexCube_tri1aScrF.jpgRexCube_tri1aScrH.jpg
右はスキューブの試し解き同様に前から透視したものですが…ちょっと見にくいですがどうぞご容赦を。

私は青底で解くのですが、前面に青の赤・橙対面色がいい位置に揃っていますね。背面に入れる青白も e- s- e s で入ってくれます。
RexCube_tri1bBaseEdge1F.jpgRexCube_tri1bBaseEdge1H.jpg
前面下に入れたい青黄は e で持ち上げて y- 持ち替え(水平・反時計廻し)して、s w s- w- で入りますね。最後の w- は不要ですが、廻す癖をつけておいていいかもしれません。z 持ち替え(左を上に持ち替える方向)で、
RexCube_tri1cBaseEdge2F.jpgRexCube_tri1cBaseEdge2H'.jpg
w- で前左の黄橙が、n- で左奥の白橙が、右側面三点交換 s- e s e- で右前の赤黄も揃います。
RexCube_tri1d3SideEdgeF.jpgRexCube_tri1d3SideEdgeH.jpg
y 持ち替えの後、s- で白緑が、s w s- w- で残りの三辺も揃いました。
RexCube_tri1eAllEdgesF.jpgRexCube_tri1eAllEdgesH.jpg
私の印象としては、辺が揃いやすいラッキースクランブルでした。いえ、速さを競うのであれば、いつもこれくらいで辺を揃えられるように、いい手順を見つけられないといけないのでしょうね。

続いては中合わせ、できればその手順でいっしょに葉も合わせたいものですね。持ち替えなしのナブラ反時計、n (s n- s n s) n- で白中と緑中が合わせられます。
RexCube_tri1f2CentersF.jpgRexCube_tri1eAllEdgesH.jpg
z y2 持ち替えして、
RexCube_tri1f2CentersF2.jpgRexCube_tri1f2CentersH2.jpg
せっかくなので、プロペラ時計、w- e w e- で青をまず揃え、y- 持ち替えして、
RexCube_tri1g3CentersF.jpgRexCube_tri1g3CentersH.jpg
Z蛇 反時計、e w e- w- で、橙・黄・赤の中を葉とともに揃えることができました。
RexCube_tri1hAllCentersF.jpgRexCube_tri1hAllCentersH.jpg
ここまで効率よく葉も合わせられることは私には珍しく、合っていない葉は 24枚中 14枚。毎回これくらい合わせられたらタイムも違ってくるのでしょうね。その見極めにはまだまだ修行が必要のようです。

さて、その葉を合わせていきましょう。できるだけ 2枚以上、可能なら 3枚一気に合わせられるといいですね。まずは黄緑、
RexCube_tri1iLeaves1GY_F.jpgRexCube_tri1iLeaves1GY_H.jpg
左押し込み:o {wj- (e w- e-) wj (e w e-)} o-、z 持ち替えして、次は黄橙、
RexCube_tri1jLeaves2YO_F.jpgRexCube_tri1jLeaves2YO_H.jpg
右押し込み:g- {ej (w- e w) ej- (w- e- w)} g、y z 持ち替えして、橙青赤の三面、
RexCube_tri1kLeaves3OBR_F.jpgRexCube_tri1kLeaves3OBR_H.jpg
右奥対面三葉逆移動:s (n w- n- w) s (n- e n e-) s、z- 持ち替えして、橙白、
RexCube_tri1lLeaves4OK_F.jpgRexCube_tri1lLeaves4OK_H.jpg
左押し込み:o {wj- (e w- e-) wj (e w e-)} o-、x2 z 持ち替えして、赤緑白、
RexCube_tri1mLeaves5RGK_F.jpgRexCube_tri1mLeaves5RGK_H.jpg
なんと共役なしの左押し込み:wj- (e w- e-) wj (e w e-) で一気に三葉が揃ってしまいました。前右二葉交換、(e w- e- w) y z (w- e w e-) で、
RexCube_tri1nLeaves6GYB_F.jpgRexCube_tri1nLeaves6GYB_H.jpg
これは逆共役の右押し込み:g {ej (w- e w) ej- (w- e- w)} g-、一気に完成してしまいました。

14葉を 6手順で揃えているのでかなり効率的でしたが、私はまだまだ実戦ではここまできれいに入れられることは稀ですね。いい組み合わせを見出しきれずに、見つけたものを適当に入れていって、手数と時間を喰ってしまうことが毎度のこととなっています。

実際に廻してみていただかなければ分かりにくいとは思いますが、雰囲気だけでも伝わればと思います。

現在の私の記録は、最速/ao5/ao12 = 5:53.83/ 6:37.96/ 6:57.70、前回からあまり代わり映えしませんが、ao12 が 7分を切れたので良しとしたいと思います。

ともあれ、Rex Cube は廻していて楽しいので、ぜひ多くの方に試してみていただきたいと思います。

続きを読む
posted by じゅうべい at 15:01| Comment(0) | 立方体と曲線