2022年09月16日

傀儡魔方1号、小角一反転手順は 35手

Puppet1_solved.JPG Puppet1_te.JPG
廻し出すと止まりませんね。これくらい、日々 3x3x3 も廻していたらもうちょっと速くなるとは思うのですが…。

Cuber Stu さんのStage 3、小角合わせ手順の (alg 1 → alg 5)x2、そのままだと私の愛用している 三小角反転手順と一緒なのですが、alg 1 の方を持ち替え間違えて廻してみたら変な移動が実現できました。

s t (s- t-)^2 s- t s t  (e s)^2 e (s- e-)^2 s- / F U (F' U')x2 F' U F U  (R F)x2 R (F' R')x2 F'
左列上前交換外観.jpg
右面上奥と前面右下が崩れますが、左列の上と前での二点交換、しかも反転なし。合わせの前半ではかなり役立つ手順と思います。

この手順を二回廻すと前面右下が奥に下がっただけの状態に。内部 2点と表面 1点の純粋三点交換が実現できました。…まぁ、10手x2x2 = 40手となるので、右奥三巡手順の 15手にはとうてい敵いませんが。

残念ながら、異なる面にある小角二つの同時反転手順はまだ見つけられておらず、一つづつ反転していくのが一番速そうです。ただ、

小角右奥→前右→前左3巡(右上反転→3回廻せば右上小角反転のみ)
小角右奥→前と前右→左.jpg
e- t- e- (t e)^2 t2 (e- t-)^2 e- t e / R' U' R' (U R)x2 U2 (R' U')x2 R' U R

を 3回廻すときには一回目と二回目、二回目と三回目の間でかなり派手にキャンセルが起きるので、

e- t- e- (t e)^2 t2 (e- t-)^2 e2 (t e)^2 t2 (e- t-)^2 e2 (t e)^2 t2 (e- t-)^2 e- t e
/ R' U' R' (U R)x2 U2 (R' U')x2 R2 (U R)x2 U2 (R' U')x2 R2 (U R)x2 U2 (R' U')x2 R' U R

15手手順を 3回廻したのに、35手ですんでいます。これはお得ですね。5手キャンセルが二回なんて、最少手数競技(FMC)だったら目を丸くしまっているでしょうね。

成形手順もかなり整ってきたので、来週にはまとめてみたいと思っています。

十字門
Pup1_十字門・左L右Γ.JPG Pup1_十字門・左L奥L.JPG Pup1_十字門・左Γ乗り奥Γ.JPG Pup1_十字門・左Γ乗り奥品.JPG

や大Z
Pup1_右大Z・下四.JPG Pup1_左大Z・奥J.JPG
くらいまで持ってこれたら、もう元に戻せます。

それにしても現在確認できているだけで、十字門で 17種類、大Z で 7種類もあるのが恐ろしいですね。

ともあれ傀儡魔方1号は、いじっていたらいろいろ”形を変える炎みたいでカッコいい”ですね。私は好きです。面転八面体(FTO)と、公式競技入りを競って欲しいと思います。
続きを読む
posted by じゅうべい at 17:04| Comment(0) | Pyramorphix

2022年09月14日

傀儡魔方1号の世界記録が更新されました

tom さん のブログ、『初めてのWCA大会』、読みました。この二年半、多くの方が大会参加を待ちわびていたのですね。それにしてもメガミンクスで 1分切りってすごいですね。これで大会初参加とは。私は 4分を切ればガッツポーズで、いまだに 5分超えとか普通に出します。

そういうすごい方々が待ち望んで、全力を尽くして、2分で締め切りになる大会申し込みをしているかと思うと、私のような者が参加したいと思うのはおこがましく感じてしまいますね。私が今より華々しく速く廻せるようになるとも思えないので、おそらく私が WCA大会に参加することは、もうないと思います。

WCAID 所持者が開催する計測会などを予選として、直近の半年〜1年の記録の上位から順にWCA大会に参加できる、などとすれば、もう少し参加の競争が穏やかになるかもしれません。参加人数が少ない競技なら、多少遅くても参加できる可能性も出てきますし。コロナ禍が収まって、参加人数を増やせるようになったら、この参加の過当競争もまた変わるかもしれませんが。

SpeedSolving.com Wiki非公式世界記録のページをまた見てみたら、なんと Moyu Puppet Cube V1、傀儡魔方1号
Puppet1_solved.JPG Puppet1_te.JPG
単発世界記録が更新されていました!9月13日、まさに昨日、というか見たのはその当日で、すごい偶然でした。

2:00.53、すごいですね。別にズルして楽なスクランブルで廻しているわけでもなく、きちんと成形→隅合わせ→小角合わせの手順を踏んでいます。隅合わせの時点で 1分で、小角合わせで 1分を使っているのも妥当なところでしょう。とにかく滑らかに廻しています。

新技術でも開発されたか、と新たな解説動画を探してみたりもしました。Cuber Stu さんが丁寧に、かつ分かりやすく分割した動画を YouTube に載せてくれていました。Stage 1(成形), 見つけられていませんが、おそらく Stage 2 で隅合わせ, Stage 3(小角合わせ手順), Stage 4(Stage 3 の手順の組み合わせ)となっています。日本語字幕付きの動画もあり、驚かされました。

ですが、その Stage 3 の手順は小角5巡手順右列三角手順であまり代わり映えがしなかったのが残念です。Stage 4 では 10手手順を 4つ組み合わせて、とか長手順になってしまっていますし…。

ただ、Stage 3 の alg 5, 6、t e t e t e- t- e- t- e- (小角あり3面がが見える(上前右)向きに持って、U R U R U R' U' R' U' R')とその反転手順、は面白かったです。私が知っている 5巡手順とはちょっと違う動き方をしてくれますね。さらに alg 1 → alg 5 での、二面の二点交換+別面小角反転は手順も短めで便利だと思いました。

ただ、その alg 1 → alg 5 を二回繰り返しての三小角反転は YG Cuber さんも紹介してくれている手順で、私が利用している手順と一緒でした。

なかなか新しい手順を生み出すのは難しいようです。あとは速さを上げるためには、判断の速さと指の廻りの速さと言うことになるのでしょう。他のパズルと一緒ですね。

久しぶりにいろいろいじって楽しめています。何かまとめられたらまた記事にしますね。

posted by じゅうべい at 13:11| Comment(0) | Pyramorphix

2022年09月07日

傀儡魔法1号の世界記録動画の紹介

やや遅くなりましたが、望月シンジさんトリコン 3x3x3 目隠し 1位、おめでとうございます。って、分析と実行を合わせて 33秒って理解不能ですね。私の開眼での実行のみでも 33秒は殆んど出したことがありません。すごい方は本当にすごいものですね。

なんとなく SpeedSolving.com Wiki非公式世界記録のページを久しぶりに見に行ったのですが、2x3x4 と 3x4x5 については記録がなくて驚きました。最近のちょっとよく分からない新作パズルよりは私はやや古風な、シンプルなパズルが好きなようです。

その非公式世界記録リストに Moyu Puppet Cube V1、つまり傀儡魔方1号
Puppet1_solved.JPG Puppet1_te.JPG
の記録が載っていました。単発 2:26.55mo3 2:44.37、今年の 4月10日の記録ですね。Vitaliy Sokolov さん、ロシアの方のようです。同じ方かもしれませんが、解法動画も見つけました。喋りはなく、画面の文字はラテン文字なので(概要欄の上部にはキリル文字)、充分に理解出来ると思います。

昨年の私の記録が、単発 / ao5 / ao12 = 3:05.29 / 4:47:54 / 5:24.54、冗談で自称世界記録をうそぶいていましたが、そんなに悪くもなかったようです。動画の指の廻りはきれいでスムーズで素晴らしいのですが、成形と小角合わせは私の手順も悪くなさそうです。

久しぶりに廻してみたくなりました。世界的に品切れのアイコサメイト Icosamate の試し解きとか、2x2x2+Skewb SuperZ とか、やりたいことはいろいろあるのですが、時間を見つけていろいろ試してみたいと思います。

posted by じゅうべい at 11:04| Comment(0) | Pyramorphix