2022年05月06日

左手廻しの勧め

連休中には、娘は旅先でウサギに野菜を食べさせることができ、ずっと楽しみにしていたことだったので大喜びしていました。

5/5 には二年半ぶりくらいに飲み会をしました。だいぶ状況が落ち着いてきたようなのがありがたいですね。

若手の医者二人と飲んだのですが、どうも医者って左手でハサミを使うことを修行させられるそうです。…さすがに外科用メスではないようですが。

『金田一少年の事件簿』というマンガにあったネタで、現場にあったハサミが左利き用だったことから犯人が右利きのふりをした左利きだった、と推理する話がありましたが、そこそこ修練すれば右利きの人も右利き用ハサミを左手に持って切ることはできます。ハサミの噛み合わせを理解して、切れるように操作すれば良いのです。

私は実験の都合上、手の消毒や持ち替えで意識が途切れるのが嫌だったりして、左手でビニールテープでも紐でも紙でも切れるように練習しましたが、自分が単なる変わり者なだけだと思っていました。ですが、どうも医者は現場に出るようになってから、その修練をやらされるようです。それもあってか、彼らは箸も問題なく左手で使えていました。

私はスピードキューブをして5年で30秒を切れないほど、指廻りは悪い方ですが、それでもハサミでも箸でもキャッチボールでも、遊びならテニスとバドミントンも左でもできます。字も一時期は修練しました。マウスも左手で操作します。右にデスクトップマシンを置くと左にしかマウスを動かす空間が無いものですから。
私ほど不器用な人間でもできるのですから、スピードキューバーのように指も目も頭も廻る方々なら、右には及ばないものの、左手でもそこそこ廻せるものと思います。実際、片手は左手で廻すそうですし。

なので、左手を使う手順はもっと使われるようになっていいと思います。鏡手順などで出てきて、忌避されるのはもったいないですね。

たとえば、私の場合、

三角正NE上げ:e- t s t e- s- t- s2 t e s- t- s2 e / R' U F U R' F' U' F2 U R F' U' F2 R

の 6手目の s- (F') は左人差し指で前面を上から下へ降ろして廻します。その鏡手順の

三角反NW上げ:w t- s- t- w s t s2 t- w- s t s2 w- / L U' F' U' L F U F2 U' L' F U F2 L'

も同様ですが、感触としては右手でやっていることをそのまま左手で廻す感じですね。

隅平行(E-perm)は、私が廻している手順は

e w s w- n w s- e- w- s e n- e- s- / R L F L' B L F' R' L' F R B' R' F'

ですが、3手目と 10手目の s (F) は左手薬指で廻しています。7手目と14手目の s- (F') は右手薬指ですね。すると、n・n- (B, B') が人差し指で廻しやすいです。

三隅巡回(A-perm):e2 s2 e- n- e s2 e- n e- / R2 F2 R' B' R F2 R' B R'

は左指は使いませんが、s2 (F2) は右手の薬指→小指のミハイルダブルトリガーです。使える指が広がると廻し方を工夫するのが楽しくなるように思いますが、いかがでしょう?

これがスクエア1になったら、もっと左手で廻す機会が増えます。上段反時計廻しは左手人差し指、下段反時計廻しは左手薬指ですね。「だからおまえは遅いんだろう」とも言われそうですが…。でも、スキューブでも左手を使うと廻しやすい局面はちょくちょくありますね。

もちろん、上級者には釈迦に説法でしょう。ですが、いろいろ試してみるのは悪くないと思います。ただ、無理に廻して筋肉を痛めることがないように、注意は必要ですね。

今日はちょっと時間が無いのでこの辺で失礼します。



posted by じゅうべい at 12:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]