2022年02月17日

Clover Cube Plus6:内部構造

日曜日にコメダコーヒーで Clover Cube Plus、中国語で四葉草加強版
CloverCubePlus.JPG CloverCubePlusW333.JPG CloverCubePlus_ete-t-'.JPG CloverCubePlus_DminusVplus.JPG

を廻していたら「カッシャーン」と乾いた音を立てて美しく砕け散りました。Clover Cube Plus の崩壊です。

CloverCubePlus_Parts0All.JPG

スマホを持っていないので、そのときの生々しい状況の写真は撮れませんでしたが、だいたいこんな感じでした。全てのパーツが回収できてホッとしました。

せっかくの機会なので内部構造を紹介しましょう。まずはコアから。
CloverCubePlus_Parts1Core.JPG
下側に見える横二本線が裏側に入っているパーツの表側は横一本戦の出っ張りがあります。今は残り2つがコアに残ったままですが、崩壊時にはそれまで外れていました。

それらのやや右上に置いたのが、ネジ留めされていた四角いパーツです。あと二つはそれがコアに残っています。6軸構造の残り3手には組み合わさっていて簡単には外れない構造が見られました。そこは崩壊時もそのまま残っていました。

CloverCubePlus_Parts2OuterCore.JPG
コアの外層の黒いパーツです。中央の穴に辺(Edge)が入ります。これも1つだけは崩壊時にもコアの嵌め合わせ構造にくっついたままになっていました。

CloverCubePlus_Parts3Edges.JPG
辺(Edge)、6個x4段で 24個ありました。1つは分離していて、そこに崩壊時には多大な力が掛かったのでしょう。つまりは嵌め合わせているだけで、簡単に分離できるようになっています。

CloverCubePlus_Parts4Leaves.JPG
葉(Leaves)、4個x6色で 24個あるのは辺と同様です。これは日頃から外れやすいので、外してしまった方も多いことでしょう。

CloverCubePlus_Parts5LeaveSupporters.JPG
葉の支持をするドングリのような形の部品です。予想外に 8個しかありませんでした。大きさの比較用に葉を 4つ一緒に写しました。1つは葉と組み合わせて置いてあります。1つにつき 3つの面があるので、それぞれが葉と合わさるのでしょう。

以前、Hunter Pillow 2x4x6 を崩壊させたときには、「ああ、これは自力では絶対に直せない」とすぐに感じ、tribox に組み立てを依頼したものでしたが、この Clover Cube Plus はそんなに複雑ではなさそうなので、これから頑張って組み立て直そうと思います。

ちなみに、以前この日に書いていた”Clover Cube Plus5:スクランブルの提案”は上書きしてしまったようです。また今度書き直します。

posted by じゅうべい at 18:09| Comment(0) | 立方体と曲線