2022年02月10日

Clover Cube Plus解法3:側面を下段まで揃える

Clover Cube Plus、中国語で四葉草加強版
CloverCubePlus.JPG CloverCubePlusW333.JPG CloverCubePlus_ete-t-'.JPG CloverCubePlus_DminusVplus.JPG
の解法の続き、一面が揃えられたら、それを底面に持ち替えて下から側面を揃えていきます。

毎度のことになりますが、J式の回転記号は、2x2x2 部分については
CloverCubePlus_notationETS.jpgCloverCubePlus_notationWMB.jpg
反時計廻しは"-"を、180°回転は"2"を付加します。

辺回転については
CloverCubePlus_notationEdge.jpgCloverCubePlus_vPlus.JPG CloverCubePlus_vPP.JPG
最初の合わせ目まで廻すのが +/-、次の合わせ目まで廻すのが ++/-- 、時計方向に廻すのが +/++, 反時計方向に廻すのが -/--、となります。+ も - も付いていない場合は 180°回転となります。

CloverCubePlus_Edge.jpgCloverCubePlus_Petal.jpg
部位の名称については、左の着色部分を”辺”、右の着色部分を”葉”とします。前回は右を”花”としてしまいましたが、二葉交換など、”葉”の方が言いやすそうに感じたので訂正します。

さて、側面もまずは辺から揃えていくことに変わりはありません。まず下段から揃えていきましょう。
CloverCubePlus_side_kwkw-.jpg
手順を底面と同様にするなら、このように底面を左面に置いて k w k w-、出迎え法で入れていって良いでしょう。

上面から降ろしてくるときにはその上面を上に向けて、

スーネ(S=, w- t2 w t w- t w t2 / L' U2 L U L' U L、左奥以外の三隅を時計方向に捻ります)
OLL_S.jpg

アンチスーネ(aS=, e- t- e t- e- t2 e t2 / R' U' R U' R' U2 R、左奥以外の三隅を”反時計”方向に捻ります)
OLL_aS.jpg

で向きを替えることで側面の上側に持ってくることができます。そして、また横倒しにして、k w k w- で入れていけば良いでしょう。

Clove Cube では不可能な移動を効率よく実現するためにも、上記手順および Pi上げ(たとえば n- (e- t- e t )^2 n など)はどんどん廻せるようにしておきましょう。つい引っかけて側面回転の p, q をしまいがちですが、めげずに廻しましょう。

ちなみに、スーネ・アンチスーネの名付け親は Lars Petrus、スウェーデン人だったのですね。Sune はスウェーデンの鉄器時代の言葉で息子、son や sohn(ドイツ語)などと同源の言葉だそうです。これがラテン系になると、filius(ラテン語), fils(フランス語), figlio(イタリア語)など、語の雰囲気が変わってくるのが面白いですね。

下段側面の葉の入れ方も底面と同様です。
CloverCubePlus_TopLeafLowerR.jpgCloverCubePlus_TopLeafLowerL.jpg
右上から前なら、q で迎えに行って、d で辺と合体させて q で目的の場所に入れます。左上から右面前下なら q で準備しておいて、v で辺と合体させて q。この説明では分かりにくいとは思いますが、実際に廻してみれば納得できると思います。

ここまではこの手のパズルに慣れている人ならあまり悩まずに進めてこれると思います。慣れてない方も、廻していれば問題なく理解できるでしょう。

上段〜上面は簡単にはいかず、このパズルを解く醍醐味となります。そちらはまた次回に。


posted by じゅうべい at 18:30| Comment(0) | 立方体と曲線

2022年02月09日

Clover Cube Plus解法2:まず一面を揃える

Clover Cube Plus、中国語で四葉草加強版
CloverCubePlus.JPG CloverCubePlusW333.JPG CloverCubePlus_ete-t-'.JPG CloverCubePlus_DminusVplus.JPG
の解法の続き、立方体に戻せたら、次は一面を揃えましょう。私は他のパズル同様、まず青面を揃えます。

毎度のことになりますが、J式の回転記号は、2x2x2 部分については
CloverCubePlus_notationETS.jpgCloverCubePlus_notationWMB.jpg
反時計廻しは"-"を、180°回転は"2"を付加します。

辺回転については
CloverCubePlus_notationEdge.jpgCloverCubePlus_vPlus.JPG CloverCubePlus_vPP.JPG
最初の合わせ目まで廻すのが +/-、次の合わせ目まで廻すのが ++/-- 、時計方向に廻すのが +/++, 反時計方向に廻すのが -/--、となります。+ も - も付いていない場合は 180°回転となります。

また、
CloverCubePlus_Edge.jpg
こちらを”辺”、
CloverCubePlus_Petal.jpg
こちらを”花”と呼ぶことにします。花は花びら一枚一枚が花弁 (petal), 全部合わさって花冠 (corolla) だそうですが、一文字で分かりやすく表記できる漢字としてはいいものが見当たりませんでした。また中国語ではこのパズルは四葉草なので、”葉”でいいかとも思いましたが、色鮮やかでちょっとイメージが違いますし、気がついたら”花”に慣れてしまっていたようです。”ハ”1音が呼びにくいのもありました。ここでは”花”とさせてください。

2/10追記:…その後、やっぱり”葉”がいいように思えました。すみません。次回からは”葉”で統一します。

さて、一面を揃える場合、この Clover Cube Plus(四葉草加強版)ではまずは辺から揃えていきます。辺さえ揃ってしまえば、Clover Cube(四葉草)として解くことができてしまうからです。つまりはその辺合わせが大変であり、醍醐味とも言えます。

花を気にしなくていいのなら、赤青辺または橙青辺を合わせることはそんなに難しくはないでしょう。その対辺、最初に赤青辺なら続いて橙青辺、などもどうにかできると思います。もちろん、黄青・黄白から始めても問題ありません。既に何かの組み合わせが揃っている場合はそちらを優先していって良いでしょう。

対辺が揃っているところで、残りの辺を入れていくときには前回お話ししたように注意が必要です。対面交換した形でも完成させられますが、まずは普通に揃えることを心がけましょう。上面を青で揃えていくなら、黄を前面に入れる場合は揃えた橙青辺が右に来るようにします。
CloverCubePlus_kwkw-.jpg
このように辺を左列に入れたい場合は、k w k w-、よけて、迎えに行って、嵌めて、戻す。島内先生の S式の基本、出迎え法ですね。
CloverCubePlus_ke-ke.jpg
辺を右列に入れる場合は、k e- k e、これも、よけて、迎えに行って、嵌めて、戻す、出迎え法に変わりはありません。

辺が揃ったらそれを底面になるように持ち替えて花を入れていきます。それぞれに特に違いはありません。他のパズルにあったように、内部着色版があった場合は、内部色も合わさなければならないかもしれませんが、私が持っている物は内部は黒一色なので気にせずに済んでいます。
CloverCubePlus_PetalMove.jpg
この場合は、d q k で入りました。上段を t・t- などで位置を調節したり、スーネ(S=, w- t2 w t w- t w t2)・アンチスーネ(aS=, e- t- e t- e- t2 e t2)などで向きを替えたりして、準備してから下段→底面に入れていきましょう。最後の入れ方も k でなく、d の真下(k の右隣)の辺を廻して入れても全く問題ありません。

底面一面を揃えるのはそんなに大変ではないと思います。下段側面も同様に揃えていけますが、それはまた次回に。

posted by じゅうべい at 10:57| Comment(0) | 立方体と曲線

2022年02月08日

Clover Cube Plus解法1:まずは立方体に

Clover Cube Plus、中国語で四葉草加強版
CloverCubePlus.JPG CloverCubePlusW333.JPG CloverCubePlus_ete-t-'.JPG CloverCubePlus_DminusVplus.JPG

まずは立方体に戻しましょう。
CloverCubePlus_DoubleHorn.JPG
基本形がこれで、ここから前上面に二つ出っ張っているのを戻します。

毎度のことになりますが、J式の回転記号は、2x2x2 部分については
CloverCubePlus_notationETS.jpgCloverCubePlus_notationWMB.jpg
反時計廻しは"-"を、180°回転は"2"を付加します。

辺回転については
CloverCubePlus_notationEdge.jpg
CloverCubePlus_vPlus.JPG CloverCubePlus_vPP.JPG CloverCubePlus_vMinus.JPG CloverCubePlus_vMM.JPG
最初の合わせ目まで廻すのが +/-、次の合わせ目まで廻すのが ++/-- 、時計方向に廻すのが +/++, 反時計方向に廻すのが -/--、となります。+ も - も付いていない場合は 180°回転となります。

さて、上記の2出っ張りは、

1. v++ d+ v-- d-
2. d v++ d v+ d

の二つの手順で立方体に戻すことができます。つまりは 1. の逆手順で二出っ張りにして 2. で立方体に戻せば、変形を介した異同手順を作成できます。この場合は花びら 2点交換x2 となりますが、詳細は追ってまた今度に。

CloverCubePlus_DoubleHorn_d.JPG
は複雑そうに見えますが、d で基本形に戻せるので、そこから上記手順を廻して立方体に戻せます。つまり、ここから v++ d v+ d で戻ります。立方体に戻すだけなら最後の d も要りませんね。

出っ張りがたくさんあるときには順に 2つづつ戻していけば問題ありません。必要に応じて、2x2x2 の移動・向き替え手順も活用していきましょう。

Clover Cube は 2x2x2 の回転・移動がないので、手間が掛かっても、多数回繰り返してこれらの変形→戻し手順を駆使しなければなりません。ところが、Clover Cube Plus になると、本来なら面倒な手順が必要なところをあっさり戻せたりします。

一方で、Clover Cube では辺の位置は変化することはありません。向きが変わるだけです。ところが、Clover Cube Plus は辺位置が自由自在に変わるので、まずは辺位置を合わせることが最初の難関となります。
印象としては、やはり Clover Cube Plus の方が様々なことができて面白い気がしますね。

posted by じゅうべい at 17:54| Comment(0) | 立方体と曲線