2021年07月23日

David Gear 8:手順のまとめ

デビッドギア、David Gear's cube
DavidGear左黄右列青白.JPG DavidGear歯車小回転.JPG
の試し解きをすると言いつつ、できてないことが続いていて申し訳ありません。ちょっと時間がないので、試し解き前の手順のまとめでお茶を濁させていただくことにします。

回転記号はいつも通り、島内先生の S式に由来した J式表記で、
DavidGearNoteETS'.jpgDavidGearNoteWNB'.jpg
歯車以外は普通の 2x2x2 として、左図の t (WCA表記で U), e (WCA表記で R), s (WCA表記で F)、中央図の w (WCA表記で L), n (WCA表記で B), b (WCA表記で D)で、それぞれ、反時計廻しをする場合は"-"を本来は肩付きで表記しますが、このブログでは肩付きを利用出来ないのでそのままで示します。できるだけ、WCA表記をカッコ書きか / のあとに併記しようと思います。

DavidGearNoteGear'.jpg
歯車の回転については、一面分(120°)時計廻しを "+"、反時計廻しを "–" で表すことにします。e – と e- が全く異なる(一つめが右面時計廻しのあと歯車を反時計廻し、二つ目が右面を反時計廻し)ので、どうぞご注意を。世間ではこの隅歯車回転を、時計廻しは G、反時計廻しは G' で表しているようです。

隅歯車合わせ:
Guimond なら、対面色を底面に三つ揃えて V を作り、上面が Guimond で解ける状況にあればそれで解けば良く、OLL で解ける向き(全て上向き, U, T, L, S, aS, H, Pi のいずれか)になっていたら、底面の揃ってない隅が”底面を向かない方向”に歯車を廻したら解けるようになります。そこからもう一度、今度は普通に 2x2x2 として解きましょう。

なんとなく一隅以外を揃えてしまった場合は こちら をご覧ください。まとめに再掲載するにはやや長めの手順でした。

以後、面歯車の位置を時計象限で示すことが多々あります。第一象限は時計の文字盤で 12〜3時、第二象限は 3〜6時、第三象限は 6〜9時、第四象限は 9〜12時の範囲を示すと言うことでお願いします。第一・第三象限を一三象限、さらには”一三”などと略することも多々ありますが、まとめということでご容赦を。きちんとした表記・説明についてはそれぞれの該当ページをご覧ください。

基本:
Basic1wheelMove'.jpg
縦(左右以外)一昇り三降り:e + e- – / R G R' G' / 縦一降り三昇り:+ e – e- / G R G' R'、
縦二昇り四降り:+ (e + e- –) – / G (R G R' G') G' / 縦二昇り四降り:+ (+ e – e-) – / G (G R G' R') G'

1. 左右面内二四象限交換(以下、面内)
WheelEx1Face'.jpg
(t + t- –) e2 (+ t – t-) e2 / (U G U' G') R2 (G U G' U') R2

2. 左右一三象限平行交換(以下、一三平行)
WheelExLR13Para.jpg
e (t- + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t2 e- / R (U' G U' G') R2 (G U G' U') R2 U2 R'
(e ( ) e- の共役を無くせばクロス平行、w ( ) w- の共役なら二四平行)

3. 三面交換手順(以下、三面)
WheelEx3FacePara.jpg
e2 (t2 + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t- e2 / R2 (U2 G U' G') R2 (G U G' U') R2 U' R2

4. 二面交換
WheelEx2FaceDown.jpg
二面降り:e t2 + t- – e2 + t – t- e2 t- e- / R U2 G U' G' R2 G U G' U' R2 U' R'
(– ( ) + 共役で二面昇りに)

5. 対面交換
WheelFaceEx.jpg
5-1: t + t + t + t / U G U G U G U
5-2: (t2 + t2 –)(t2 – t2 +) / (U2 G U2 G')(U2 G' U2 G)

6. 前上半円上げ
WheelFrontHalfCircle'.jpg
+ (e ++ t2 –– t2 e-) – (t + t + t + t) / G (R G G U2 G' G' U2 R') G' (U G U G U G U)

7. 前上・下奥二面二の字交換
WheelFaceExAdj.jpg
+(e ++ t2 –– t2 e-) ++ (e ++ t2 –– t2 e-) / G (R G G U2 G' G' U2 R') G G (R G G U2 G' G' U2 R')

8. 全面時計廻し:+++ / G G G, 全面反時計廻し:––– / G' G' G',全面対角交換:++++++ / G G G G G G
それぞれ、3+, 3–, 6+ (3G, 3G', 6G) と略記

9. 左右上奥交換(右一左四&前下交換, 手順としては、下前 一三平行 下前)
WheelExL4R1_F23.jpg
e s- e n2 e- s e n2 e2 { e (t- + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t2 e- } e s- e n2 e- s e n2 e2
/ R F' R B2 R' F R B2 R2 { R (U' G U' G') R2 (G U G' U') R2 U2 R' } R F' R B2 R' F R B2 R2

10. 右前上-左前下交換(右四左二&前対角交換, 手順としては、下前 三面 下前)
WheelExL2R4_F24.jpg
e s- e n2 e- s e n2 e2 { e2 (t2 + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t- e2 } e s- e n2 e- s e n2 e2
/ R F' R B2 R' F R B2 R2 { R2 (U2 G U' G') R2 (G U G' U') R2 U' R2 } R F' R B2 R' F R B2 R2

11. 左奥上-前右下交換(左四前二&右対角交換, 手順としては下前 面内 下前)
WheelExL4F2_R24.jpg
e s- e n2 e- s e n2 e2 { (t + t- –) e2 (+ t – t-) e2 } e s- e n2 e- s e n2 e2
/ R F' R B2 R' F R B2 R2 { (U G U' G') R2 (G U G' U') R2 } R F' R B2 R' F R B2 R2

12. 前左上-右奥下交換(前四右二&左対角交換, 手順としては上前下対角 面内 上前下対角)
WheelExL24_F4R2.jpg
e- t e- n2 e t- e  { (t + t- –) e2 (+ t – t-) e2 } e- t e- n2 e t- e
/ R' U R' B2 R U' R { (U G U' G') R2 (G U G' U') R2 } R' U R' B2 R U' R

13. 左前面 対角交換(手順としては上対角下前 三面 上対角下前
WheelExLF24.jpg
e b- e n2 e- b e- { e2 (t2 + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t- e2 } e b- e n2 e- b e-
/ R D' R B2 R' D R' { R2 (U2 G U' G') R2 (G U G' U') R2 U' R2 } R D' R B2 R' D R'

13. 前下・右上交換(手順としては上対角下前 一三平行 上対角下前)
WheelExRupperFlower.jpg
e b- e n2 e- b e- { e (t- + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t2 e- } e b- e n2 e- b e-
/ R D' R B2 R' D R' {  R (U' G U' G') R2 (G U G' U') R2 U2 R' } R D' R B2 R' D R'

14. 前上・右下交換(手順としては上前下対角 二四平行 上前下対角)
WheelExRlowerFupper.jpg
e- t e- n2 e t- e { w (t- + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t2 w- } e- t e- n2 e t- e
/ R' U R' B2 R U' R { L (U' G U' G') R2 (G U G' U') R2 U2 L' } R' U R' B2 R U' R

15. 左下・右前下三点移動(手順としては上前下対角 一三平行 上前下対角 一三平行)
Wheel3RotateL23R3'.jpg
[e- t e- n2 e t- e {e (t- + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t2 e- } ]^2
/ [R' U R' B2 R U' R { R (U' G U' G') R2 (G U G' U') R2 U2 R' }]x2

16. 前二左二右四 三点移動(手順としては上対角下前 面内 上対角下前 クロス平行)
Wheel3RotateF2L2R4'.jpg
e b- e n2 e- b e- { (t + t- –) e2 (+ t – t-) e2 } e b- e n2 e- b e- { (t- + t- –) e2 (+ t – t-) e2 t2 }
/ R D' R B2 R' D R' { (U G U' G') R2 (G U G' U') R2 } R D' R B2 R' D R' { (U' G U' G') R2 (G U G' U') R2 U2 }

列挙するとこれだけ膨大になるのですね。一部削ってこの量です。驚きました。どれがどれほど有用となるかは、実際に試しに解いてみないと分かりませんね。私もいろいろと試してみようと思います。

posted by じゅうべい at 12:09| Comment(0) | 歯車