2021年06月11日

Crazy Gear Cube、瘋狂歯輪の解き方の補足

QiYi Crazy Gear、別名 Crazy Gear Cube・瘋狂歯輪、
CrGearWRB.JPG 瘋狂歯輪.JPG
の J式解法の補足をいくつか。

回転記号としては以下の、J式スキューブの回転記号を流用します。
Skewb_rotation.jpg

1. 青・白・赤の面歯車の向きを合わせるとき、長い歯が時計回り 2歯で隅に合うのか、反時計回り 2歯で合うのか、について。
CrGear2RedFaceWheel.JPG
白は時計回り 2歯で長い歯が隅に合います。このときは”時計廻し” 360°回転で合わせられます。反時計回り 2歯で長い歯が隅に合うなら”反時計廻し” 360°回転で合わせられます。逆に回してしまうと 360°回転追加となるのが面倒ですので、ちょっと意識してみましょう。

2. 青・白・赤の面歯車のうち、二つの向きを反転させる必要がある場合は、反転させる面歯車を右奥・左奥において (g e)^3 または (g e–)^3 で一気に戻せます。稜の向きで、どちらがいいか判断出来れば良いのですが、立方体に近くない状況では私にはまだ判断出来ません。廻しやすい方を廻せば良いでしょう。

3. 青・白・赤の面歯車すべての位置と向きがあったところから立方体に戻す場合、
CrGear3LowerSides.JPG
この写真のように、蝶が面歯車と合っているところを上面にして
o g– o– g
を廻しましょう。前下隅が浮くことを防げます。ちょっと気をつけるだけで一手間省けますね。…どの向きでも合わない場合もあるので、その場合は諦めましょう。

一方、稜四反転手順中では、面歯車を二つ反転したあと、そのままの向きで (o g– o– g)^2 を廻すのが重要です。y z– 持ち替えで前下隅の持ち上がりを無くしてしまうと、稜反転を直せなくなるので注意しましょう。

4. 前下隅移動の
CrGear2cYOGcorner.JPG CrGear2bButterfly.JPG
(o g– o– g) s (g o– g– o) s–
の前半は左側から手前に、後半は右側から手前に、と逆手順になっているので気をつけましょう。元ネタは Kemi さんの”Skewb Ultimate / スキューブアルティメット / デカミンクス”の解法、の最後の二隅反転手順です。うまく流用して稜二反転手順を作れないかとやっていたのですが、思わぬ副産物が得られました。その手順をそのまま廻す (e w– e– w) s (w– e w e–) s– は崩壊が激しく、良い手順を導けませんでした。このパズルにおける J式の下段廻しは隅を保存出来る有用性がありました。

スクランブルを試してみるなら、スキューブのものを流用し、U は廻せないので廻さないか e を廻すか、で済ませるのが良いのでは、と思っています。普通のスキューブのスクランブルを全部廻すとどこがどこだか分からなくなるので、半分の 5〜6 手廻せば充分だと思います。

解法のステップ数をもうちょっとどうにか出来ないかはまだ検討中です。試し解きも合わせてまたの機会にと考えています。

posted by じゅうべい at 10:36| Comment(0) | 歯車