2021年06月03日

Siamese Mirror Cube はさらに品薄

前回、Eitan's Star が世界的に品薄なお話をしました。ですが、もっと稀少なキューブ系パズルとして Siamese Mirror Cube が挙げられます。

そのブログ?を見たきっかけは More From Kyo, 配色についての新提案、なのですが、それについてはまた後日に。その More From 〜は工学的な新提案を紹介し合うサイトのようですね。その下部に他の人の提案として Siamese Mirror Cube が紹介されていました。

見たときには「すっげぇ、3x3x5 の Mirror Cube だ!」と興奮したものですが、解法動画などを見てみると Siamese の名の通り(名前の由来については”チャン&エン・ブンカー兄弟”をウィキペディアで見ていただけるとよいでしょう)、二つの Mirror Cube を中層で繋いだだけ、それぞれは混じり合わないので、金銀二色で色分けしているものもよく見かけます。作り方の動画まで見かけました。

売っているサイトとしては本当にもう HKStoreNow しか見かけません。そこの Gold・Silver は中層が太いものなのでご注意を。中層が薄いものは Green, Blue, Orange, Red になります。7層あるものも売っていますね。

先週はその Green しか残っておらず、本気で買おうか迷いました。銀や金にしたいならステッカーは TORIBO で買えばよいですし。でも、単なる合体キューブなら無理することもないな、と自粛しました。

インパクトだけなら充分すごいもがあります。そばに日頃からよく会うキューブ仲間がいたら入手して自慢したかもしれません。作ってみてもよいでしょう。興味を持った方はぜひお試しを。

posted by じゅうべい at 09:21| Comment(0) | 日記