2019年12月23日

たむそんさん、ありがとうございます

2019年のFMC Advent Calendar の企画者、たむそんさんのTwitter

>結構頑張ってじゅうべいさんのTwitterアカウント探したんですが見つからなかったのでリンク張らせてもらいます。ちゃんと遅刻せず投稿していただいたのにチェックするの遅くなって申し訳ないです

と、つぶやいていただきました。ありがとうございます。
Twitter はやってなくって、この機会にアカウントを作ろうとしたものの、なぜか弾かれてしまって、断念したところです。

島内 剛一先生の『ルービック・キューブと数学パズル』は古い手順が満載ですが、David Singmaster氏の手順が紹介されているのは、数学的には興味深いんだろうなと思います。

隣辺(FRエッジ)向き替え:R' U2 R2 U R' U' R' U2 L F R F' L'
対辺(FBエッジ)向き替え:U' F R' U F' R L' U B R U' B R' L
四辺 向き替え:R2 B2 R'2 U2 R L' B R' L U2 R2 B2 R'2 U

なんて CFOP の人々にはほぼ無縁な手順ですね。
四辺の向きが変わるものとしては
エッジが L→R→Fの時計廻りに三点交換して全部向きが変わる

三角正・全:R U B' R B R' U' R' F' L' U' L U F

エッジ交換方向が反時計廻りの上記の鏡手順、
三角正・全:L' U' B L' B' L U L F R U R' U' F'

などもあるので、エッジのみ四つ向き替えの手順に気が向いたらお使いいただけたらと思います。

などという手順を日頃から廻しているので、B・B'、L・L' を廻すのは気になりません。深く握るのが好きなようです。逆に F・F' って廻しにくいなぁと思います。F2 を右手薬指→小指のダブルトリガーで廻してる人なんていないと思います。だから遅いんですね。

posted by じゅうべい at 10:01| Comment(0) | 手順333