2023年02月01日

ラッチキューブ、解けちゃいました、が…

1月下旬まで毎日 150弱のアクセスがあり「何があったんだ?」と驚いていましたが、ここ数日ですっかり定常状態に落ち着きました。きっと、以前にもあった、海外からのスパムアクセスだったのでしょう。ちょっとホッとしました。

LatchCube_scrambled.JPG

解けちゃいました。
Latch_SolvedWYG.JPG Latch_SolvedKBR.JPG

いえ、「解けちゃった」という表現が妥当で、ちゃんと理解して解いたわけではありません。いろいろ試しているうちに、再びスクランブル状態に陥り、また戻せなくなっています。上の写真は、きっとそうなるだろうなと予想して、完成状態が得られた時点で撮影しておいたものです。

薄い色の白黄緑に黒の反時計回転矢印が 2つづつ、濃い色の黒青赤に白の時計回転矢印が 2つづつついています。

Latch_SolvedWYG_M.JPG Latch_SolvedKBR_M.JPG
中列をズラした状態を完成直前として、まずはこの状態を目指しました。

なので、手順としては

1. 底面に黒矢印 4つ
2. 黒矢印の位置を側面と合わせる
3. 緑矢印を緑面の左右に入れる
4. 青矢印を青面の左右に入れる
5. 緑面の黄底を左右とも入れる
6. 青面の黄底を左右とも入れる
7. 上面を揃える(辺向き→隅向き→隅位置→辺位置、HATAMURA さんの動画解法 では、隅位置が隅向きより先)

となり、7. まで行けば手順書の手順を廻せば揃ってくれます。

底面の黒矢印は意外とどうにかなるので、やはりキツいのは緑面の黒矢印 2つ。まだ検討中です。

それにしても HATAMURA さんの動画解法、速いですねぇ。なんであんなふうにどんどん揃っていってしまうのか、まだ全然分かりません。

CrazyBadCuber さんの動画も見ているところです。底面十字 についてなど、いろんな状況を解いて見せてくれていて、とても親切に感じました。

もうちょっと頑張ってみますね。

posted by じゅうべい at 09:38| Comment(0) | 立方体と曲線

2023年01月30日

先々週の 2x2x2、ラッキースクランブル

土日で、また夜行バスで実家に行き、施設に入居した母に父・姉と面会に行きました。一ヶ月に 二回、一回 15分で二人まで、制限が厳しいのは、この第八波の状況下では仕方がありませんね。近隣のどの施設でもだいたい同様の制限が掛かっているそうです。

三年前まではその施設でも、毎日の面会が許可され、さらには一泊の外出までも普通に認められていたそうですが、これがいつ、以前の状況にまで戻るのかは、現状では分かりませんね。

LatchCube_scrambled.JPG
は持っていきましたが、音が大きいので、移動の電車やバスはもちろん、父が寝た後の実家でも廻しにくく、全然進んでいません。緑面の左右の黒矢印(PDF 手順での 2.)までは入れられたのですが、上面の白矢印が下ろせず、緑黄白・緑黄黒の隅が入れられないところで止まっています。

仕方がないので、夜行バスの待合では 3x3x3 とスクエア1をひたすら廻していましたが、係員のお姉さんは、必死に目を逸らそうとしているようにすら感じました。

まぁ、そんなところで趣味全開の動作をおおっぴらにやる人はそうそういませんね。サッカーのリフティングとか、野球やゴルフの素振りとか、人迷惑で絶対にできませんし、できそうなのはせいぜい けん玉か折り盤での将棋・オセロ(囲碁は難しいですね)、マジシャンによるコインマジックの練習、程度でしょうか?実際、そういう人たちを目撃したことはありません。

逆に言えば、周囲が気にしないでくれるのなら、おおっぴらに手順練習をすることに支障はないわけで、頑張って廻していました。これで多少でも指廻りが良くなってくれるのなら良いのですが。

わじまじさんのツイートに対して、うえしゅうさんの返信は優しさに溢れていましたね。素敵だと思います。

そうそう、先週は余裕がなくて書けないでいましたが、先々週のトリコンの 2x2x2 のその2、すごかったですね。

U R U' R' U' R' U2 R U R' U2

222Trial23F03_2aF.jpg222Trial23F03_2aH.jpg

J式では日本配色なのはご容赦を(世界配色の場合は青と黄を入れ替えてください)。左が前右上が見える方向で見たもの、右が同じ方向から奥左下を透視したものになります。

J式回転記号については、島内先生由来の方位を基準とした、J式333 の回転記号を再掲します。反時計回りでは"-"、180°回転では"2"(本当は上付き)を添えます。J式回転記号のあと、カッコの中に WCA式表記を添えることにします。
notation_tb.jpgnotation_ew.jpgnotation_sn.jpg


さて、スクランブルから持ち替え無しで、白青(世界配色なら白黄)で、右奥 ができていて、さらに t2 (U2) で、右奥・右T の初手キャンセル状態となります。

つまり、t2 e-2 t e- (U2 R'2 U R') を廻します。ここの 2手目は反時計廻しをした方が残りの手順を廻しやすく感じています。

で、最後の e- (R') を e (R) にすると、
222Trial23F03_2bF.jpg222Trial23F03_2bH.jpg
あらあら、t- (U') で完成です。

私は読み切れてなかったので、t2 e-2 t e- のあとに e2 を廻しています。もったいなかったのですが、それでも私にしては充分すぎるほど速かったですね。

この、その2だけ飛び抜けて速かった方を私以外にも数人見かけたので、トリコン参加者で 2x2x2 を解く上で、Guimond 採用者がそこそこいるのかも、と嬉しくなりました。もちろん、まったく違うアプローチで、同様に高速で解けたのかもしれませんが。

解き方はいろいろあっていいと思います。メガミンクスの S2L も、最近優勢な解き方もありますが、私の、Cube Voyage の解き方(の、ブロックの揃え方の後半、@中央の3パーツを先に揃える)を参考にした方法も、F2L 手順を行う数は変わりませんでした。もちろん、この世界は速さが正義ですが、他の人のやり方が合わないようなら、別のやり方を模索するのも悪くないと思います。

続きを読む
posted by じゅうべい at 15:46| Comment(0) | 222

2023年01月26日

まずはやってみるのが一番

TORIBOストアのツイッターで


とあり、Bauhinia Dodecahedron II, Radiolarian, Curvy Starminx, Regular Astrominx, Double Crazy Cube, Ghost Cube, WitEden 3x3x3 Mixup Cube、などを勧める返信がされていたようですね。

私は”ちょっと変わったキューブ系パズルを廻すのも好き”程度で、パズル沼に嵌まっている人々の足下にも及びませんが、わじまじさんの



という意見には共感を覚えます。

Puppet1_solved.JPG Puppet1_te.JPG

CurvyStarminx.JPG
などを解きました。難しく、また楽しかったです。アイコサメイトや Super Z はロックアップやポップなどの、パズル性とは違うところで苦しめられましたね。

一方で、5x5x5 とかは全然廻していませんし、6x6x67x7x7メガミンクス系列の多分(4層以上) なども持っていませんし、やる気もありません。いえ、好みは人それぞれと思いますので、これらのパズルの愛好家を否定する気持ちは全然ありません。ただ、私の趣味ではないな、と思うのです。

持っていて手を出せていないのが、2x3x4, 3x4x5, 2x4x6 Hunber Pillow, Dino Skewb などですね。Kemi さんのサイトを見るのが好きだったことを思い出します。あ、 Ghost Cube は自力で解けました。大変でしたけど、私が自力で解ける程度ではありました。

結局は、自分でいろいろ試していって、そのうちに好みを見出していくのが一番なのでしょう。趣味そのものも同様ですし、読書も、人のお勧めを読むよりは、図書室や本好きの人の本棚を端から順番に全部読んでいくうちに「こういうのが好きかも」って分かっていくものなのでしょう。

ムツゴロウさんも濫読を勧めていました。あの人は、模試で数学が全国5位、受験する直前に「おまえは生物が得意だから生物で受験するのはズルい」と言われて、そこから化学を勉強しだして、化学で受験して普通に東大に受かる化け物ですから、あまり世間の人々の参考にはならないかもしれませんが(私も著書にあることを実行してひどい目に遭いました)、様々な分野の本を片っ端から読んでいくのは悪くなかったと思っています。

”好きなことが見つからない”、という方は見つけられるだけ様々なことをまだしていないのでしょう。世間に対してそこそこのアンテナを張っていたら、目を奪われるようなことにはそこそこ遭遇します。それを、無駄を恐れずに、まずは順番にやっていくのがいいのでしょうね。

最近のタイパ、時間効率を追求する流れには違和感を覚えます。まずはやってみないと。そのことは決して無駄にはなりません。

私も、道東の自然の中で暮らすことに憧れたことがありました。結局、それは向いていないことが分かりました。でも、そこで過ごした(そんなに長くもありませんが)日々は決して悪くなかったと思います。

posted by じゅうべい at 10:50| Comment(0) | 日記