2022年09月28日

SuperZ 2x2x2+Skewb1:回転記号

無事に父母の元から帰ってきました。高速バスは車内は満席、待合所も激混みでしたね。以前と同様にみなさんが気軽に移動するようになってきたのを感じました。

バスの出発を待つ間、激混みの待合所に長時間いたくなかったので、屋外で SuperZ 2x2x2+Skewb の解法を考えながら廻していたのですが、気がついたら 4,5人の少年がスケボーを周囲で楽しんでいました。もし目撃された方がおられたら、かなり奇異に感じられたことでしょう。どちらも、互いに気にし合う余裕もないまま、それぞれ楽しんでいた感じですね。

SuperZ_turn222.JPG SuperZ_turnSkewb.JPG

無事に完成しました。
SuperZ_solved.JPG

白のビニールテープに番号を書いて貼ってあります。どこがどう移動するかの確認用ですが、もう移動は把握できたので、これからは剥がれていくに任せていくと思います。

シリコンスプレーを充分に塗布し、そこそこ自然研磨も進み、自分自身でも廻し慣れてきたので、大きく崩壊することはなくなりました。面の三角板が一つ外れることがたまにある程度です。とはいえ、ひっかかって全然廻せないことも頻発し、なんとか形を整えて、数度廻そうと試みてようやく廻ってくれる、ということが良くあります。

解法としては、Superantoniovivaldi さん および PeteTheGeek196 さん の、2x2x2 移動で位置を合わせて、スキューブ回転で隅と三角板を合わせ、位置を戻して、と繰り返していく方法が王道かもしれませんが、私にはどうも合いませんでした。
この SuperZ が発売された頃、このサイトの David Gear の紹介ページのアクセスが見られました。当時は首を傾げたものですが、考えてみれば、面の中央に四分割された小片があり、隅は 120°づつ回転する点で、とても共通点がありますね。私も、このパズルを David Gear と同様に、まず 2x2x2 として軽く合わせて、隅向きを確認してスキューブ回転で合わせ、改めて 2x2x2 部分を完成させています。

隅向き・隅位置を変えず、面内の二等辺三角形だけを合わせていく手順は、二阶斜转魔方还原教程 の手順を参考にさせていただきました。RUBIKworld (スペイン語)の解き方も似ているのですが、何か手数が多めでした。

言ってしまえば、それだけで解けてしまうので、回転の引っかかりを除いたら David Gear よりよっぽど簡単に解けてしまいます。あ、一つ一つの手順もこちらの方が長めですね。ストレスは多めで楽しみは少なめ、と言ったら、このパズルがちょっと可哀想かもしれませんが、やはり David Gear は名作だと思います。残念ながら David Gear は現在、tribox でも TheCubicle でも品切れですが、HKNowStore と Meffert Puzzle ではまだ購入が可能なので、興味がある方はぜひご検討ください。

って、今回は SuperZ 2x2x2 Skewb の紹介でした。こちらも現在は tribox では品切れですが、TheCubicle, HKNowStoreZiiCube などの海外サイトではまだまだ問題なく購入できるので、興味がある方はぜひお早めにお買い求めください。

回転記号については、2x2x2 については普通の J式の記号、島内 剛一先生の S式に由来する
SuperZ_noteFace.jpg
を流用します。East, North, West, South, Top, Bottom に由来します。WCA表記で言えば、e→R, n→B, w→L, s→F, t→U, b→D、となりますが(以下、WCA表記をカッコ内または / のあとに表記したりします)、このパズルでは w (L) と b (D) は廻しません。回転記号は小文字、同じ文字で示される面は大文字で示すことにします。奥(N)面の回転記号は、それを正面から見たときに時計方向になる向きを n とします。

スキューブ回転は、J式の記号 は 2x2x2 と重複してしまうので、Clover Cube Plus の記号を流用しました。
SuperZ_noteCorner.jpg
その理由として、右上前隅を Corner の C として廻している海外動画サイトを見たからです。前面を y- (水平反時計)持ち替えして、

d: ad dextram ラテン語で”右へ”
c: ad sinistram ラテン語で”左へ”の、si〜より(s は south で、前面回転記号なので)
p: pod 脚(tripod で三脚など)
q: 上面が左→右で c→d なので脚部も左右で対の記号で

と、うまく Clover Cube Plus と整合性を持たせることができました。

右側四隅にしか記号を付けていませんが、それはこちら側しか廻さないからです。それ以上手を広げると大変すぎますね。

時計廻しはその記号をそのまま示し、反時計廻しには "-" を添えます。本来は右肩付きですが、このブログサイトでは肩付きの書式設定ができないので、そのまま並べています。面回転のみ、180°回転に "2" を添えることがあります。

面と隅の回転記号を合わせて示すと
SuperZ_notation.jpg

うわっ、全然分かりませんね。今後は、それぞれ分けた図を用いることにします。

解法についてはまた次回に。

posted by じゅうべい at 10:17| Comment(0) | 立方体と曲線

2022年09月22日

先週のトリコン、スキューブ・222・スクエア1

先週のトリコンのスキューブ、第5試技はすごかったですね。
その5:U L B L' U' B' U L' U R' L

z 持ち替えで、
SkTrial22L11_5aF.jpgSkTrial22L11_5aH.jpg
右は前から透視したものです。私は日本配色(世界配色とは黄⇔青交換)なのでご容赦を。

J式スキューブの回転記号を再掲しておきます。反時計回りでは各記号に"–"が付加されます。
Skewb_rotation.jpg
私の手順は Rubik'skewb 上級編 のアレンジですが、過去記事の前入れ板上げ中板移動もご覧いただければと思います。

s- で前反時計N上げ、s- e- s e、つまりは s- s- e- s e の初手キャンセルで s e- s e で完全一面+上板完成です。さすがに面位置くらいまでは読めますね。s- で上橙,前赤,右緑、前反時計N上げで、奥(N面)⇔上(T面)交換と前(S面)⇔右(E面)交換が起こるので、左(W面)の黄面は維持されます。下隅も黄なので最後の手順でもここは動かす必要がなく、持ち替えが不要となります。ありがたいですね。

s- で上に上がった橙面は奥に移動します。前(S面)の隅が橙なので、面移動は反時計移動ですね。

隅については 2021年6月17日にも書いているように、
UCorner_FCN.jpg

と廻る、つまり左上隅の s- 後の橙はそのまま、白が左(W面)向き、奥隅の白も同じ向きになります。他の二隅は読む必要はありません。PiW上げです。

つまり、完全一面+上面完成後は反時計PiW上げ、e (s- g-) e- (s- g- s- g-)、「いい、すげぇ、すげすげ」で完成です。

まとめると、s e- s e e (s- g-) e- (s- g- s- g-) ですね。4・5手目はキャンセルで e- にできますが、私はそこまでは読めませんでした。

さらには、うっかりして反時計PiS上げを廻してしまい、完成してなくてパニックに陥りました。対隅を廻し損なって崩壊して 45.003、口惜しく、もったいなかったですね。

こういうラッキー状況こそきちんと廻せるようにならないといけませんね。修行します。

2x2x2 でいえば、やはりその1でしょう。最速の方が多数おられました。

その1: R' U' F U R U' R U2 R' U' R'

y- 持ち替えで、
222Trial22L11_1aF'.jpg222Trial22L11_1aH.jpg

回転記号は、どうも 2x2x2 用の図は作っていなかったようなので、J式333 の回転記号で代用します。反時計回りでは"-"、180°回転では"2"(本当は上付き)を添えます。J式回転記号のあとに/ の後またはカッコの中に WCA式表記を添えることにします。
notation_tb.jpgnotation_ew.jpgnotation_sn.jpg

t- (U') で右奥・奥揃い白左、(e- t e t-)^2 / (R' U R U')x2、この手順は向きだけ変えて位置を変えない面白い手順ですね。おかげで読みやすく、手順の後、t2 (U2) で下段が三白で青が右前、上段が三青で白が左前にできるので、e2 t- e2 (R2 U' R2) で下面が白、上面が青に分離できます。

で、完成しちゃいました。そこまで読めないと駄目ですね。修行します。

スクエア1は私はその3が最速でしたが、どうもその4が速かった方が多かったように感じました。

その4:(0,2) / (6,3) / (-2,1) / (3,0) / (5,-4) / (4,0) / (-3,-3) / (-5,0) / (0,-2) / (-4,0) / (4,-2)

楓−握飯楓の上が握飯の逆斜め向きですね。 -2, 0 / で盾−盾、 -2, 0 / で樽−樽、下段右列に白が揃っているのがありがたいですね、 1, 0 / -3, -3 / で成形し、1, 3 / で隅向き揃い、-1, -3 で

上下前SW: / (-3, 0) / (3, 3) / (0, -3) /

6, 0 からLL垂直
LL_vertical.jpg

0, 2 / 0, 3 / 1, 1 / -1, -4 /

3, -2 で揃っている面を左に寄せて、

U_Clockwise_D_Vertical.jpg
-3, 0 / 3, 0 / -3, 0 / 3, 0 / 0, 3 / 1, 0 / 0, 2 / 4, 0 / 0, -4 / 2, 0 / 0, 5 / 3, 3 / 3, -3

の最後の 3, 3 / 3,-3 を 3, -3 / 0, 6 / にして中段を回避し、3, 3 で上下面を合わせて完成です。

最後の上時計下縦は手順が長いわりに廻しやすい手順ですが、そこまでラッキースクランブルでもないように感じます。上級者はもっとうまく廻しているのでしょうね。お目に掛かる機会があれば、ぜひいろいろと教えていただきたいものなのですが…。

週末は父に出かける用があるとのことで、実家に行って母と共に過ごす予定です。日頃会えていない従兄達とも会おうと思いますが、月曜日は夜行バスからそのまま出勤、ちょっと大変ですね。頑張ります。

posted by じゅうべい at 14:17| Comment(0) | スキューブ

2022年09月21日

またもマシントラブルが

コンピュータートラブルって、本当に嫌ですね。

メール専用に使っていたマシンがフリーズしました。2000年に友達からもらったマシンなので、25年ものでしょうか、さすがに諦めることにしました。

奇蹟的に IDE→S-ATA 変換ボードを持っていたので、データは吸い出せました。ですが、メールソフトが Outlook Express、Windows XP ではデフォルトでしたが、もはやデータ(.dbxファイル)のエクスポートも、Thunderbird でのインポートもできません。

ネットにはいろいろと情報がありますが、2010年とか、やや古めの情報は現在では通用しません。恐ろしいものですね。

フリーソフトでのデータコンバートも考えましたが、幸い、Mozilla 本家が「ver. 31.8 なら読み込めるぜい。インストールファイルも置いておくね」と教えてくれたので(日本語です)、無事に過去のメールも全て移すことができました。

現行最新版は ver. 102.3.0 (64ビット)、その ver 31.8 からのアップグレードが今のところできていませんが、取りあえずメールで知り合いと連絡ができるようになってホッとしたところです。…携帯電話もスマホも持っていないので、メールでの通信は死活問題なのです。

バタバタしてしまったので、今回はこれだけで失礼します。



posted by じゅうべい at 15:35| Comment(0) | 日記